遺伝で子供の成長

カルシュウムサプリの効果

遺伝、子供の成長

昔から「背が高いのは遺伝」とか「太っているのは遺伝」などといいますが本当なのでしょう?

 

子供の背の高さや体重など身体的特徴は遺伝的な要素もありますがやはり栄養など食生活が大きく影響していると言われています。

 

子供の一番の成長期に激しい好き嫌いやアレルギーなどで偏った食事をしていると他の子と成長に差が出てくるのは当然です。

 

特に牛乳嫌いは致命的な好き嫌いにあたるでしょう。
子供の重要な成長期に牛乳を嫌うという事はカルシウムを嫌うという事と同じような事です。

 

他の食材でもカルシウムは摂る事は可能ですが牛乳のカルシウム含有量には叶わないのです。

 

他の食材で子供の成長に必要なカルシウム量を摂取しようとするとカロリーオーバーになり今度は肥満の心配が出てきます。

 

可能であれば頑張って牛乳を摂りカルシウムを摂取するのが一番ですが牛乳嫌いは牛乳の臭いや色がダメな場合が多いのでヨーグルトやチーズなどを食べカルシウム補給するのもよいでしょう。

 

何故にそんなに成長期にはカルシウムと言われるのか?ご存知ですか?

 

子供の骨の軟骨部分には成長に深くかかわる部分があります。
それは成長線といわれる「骨端線」です。

 

その「骨端線」が成長し骨が成長していくのです。
思春期を終えると骨端線は固い骨となり骨の成長がなくなります。

 

「骨端線」が成長し骨が成長するにもカルシウムはベースとなっています。

 

そしてカルシウムの99%が貯蔵されているのが体内の骨や歯なのです。99%です。
その骨や歯に貯蔵されたカルシウムを貯める事の出来るのは、実は期限があるのです。
その期限は高校生くらいまでといわれているのです。
それ以降はどう頑張ってもカルシウムを骨や歯に貯める事は出来ないのです。
そんな事もあり子供の成長期にカルシウムをしっかり採る必要があるのです。

 

どうしても牛乳や乳製品がダメ・・・という場合は子供の成長に特化した子供カルシウムサプリなどもいろいろな会社から販売されていますのでそれらでカルシウムを補給すると良いと思います